スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己表現の差異

バルソルまんが




この前のバトンから1ネタちょろっと。

ソルウィとバルたちが出会ってちょっとしてからのお話。
バルは別に人間関係を閉鎖的にしてるわけじゃなくて、分かってほしい人にはいつか分かってもらえたらいいなーでもまぁ分かってもらえなくてもそれはそれでいいかなー程度にしか考えてません。要は他人本意でとても適当なだけ。
さらにノワやネイロ、島の人たちとは生まれた頃からの付き合いだけに理解してもらえるので、別に必要以上に表現しなくてもなんとかなってしまう…という、環境のせいでもあったりします。
さらにちょっとした過去の要因があったりするけどそれはまたおいおい。そしてそれはあまり関係なく、結局はただの性格だという……

ソルウィとしては、やはり身分のある身としていろんな思惑にさらされてきたので、自身を表現しないということが不思議でならず。本心だとしても建前だとしても、自己表現は盾であり剣でもあるから。
意識的ではないにせよそうやって生きてきたソルウィにとって、バルカイのあるがままな考え方は新鮮なものでありとても気が楽なんじゃないかな。とか。


ソルウィの バルカイへの好感度が あがった!


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ぷろふ

桜谷 (さくや・さくらや)

Author:桜谷 (さくや・さくらや)
創作とゲーム音楽とアニメが大好き。
最後の晩餐は最高級の卵とご飯と醤油と削り節で卵かけご飯が食べたい。

ついった
りんく
かてごり
ほかにっきとか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。