スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の不安は今年のうちに

厚塗りソルウィs


なんとなく厚塗り風味。
はっきりばっちりレイヤー分けして塗ったんで、厚塗りには程遠いんですけどねw
こういう自由な塗り方は、いろんな色を自由に混ぜられてとても楽しい。東方キャラとか…ああいうボリューミーなスカートなんかは厚塗りで描くと絶対に映えるんだろうなーとか妄想しつつも、地獄を見る気しかしないんで結局描かないんだろうなと思います…


と、絵とは全く関係ない話。


実はクリスマス前にちょっと入院していました。
ツイッターで散々喚き散らしていたのですが(そうしないとやってられなかったんだ!)、ちょっと脳の血管に疾患の疑いが出てきたのでそれの検査入院を2泊3日ほど。
結論として、特に治療や手術の必要はないそうです!やったー!
よかった、ほんとよかった。
正直手術を覚悟していたので、なんというか…拍子抜けというか。いやいやでもよかった本当に。よかった。

肩こり性の頭痛で念のために撮ったMRIが、まさかこんな大事になろうとは…いやまぁ、本当によかったです。
なんともない…という訳ではないようですが(危険性はほぼ皆無だけれどその疾患自体はあるようなので)、半年~1年に一度はMRIの検査を受けることになりそうです。悪化しないことを願うばかり。






検査内容についてもちょろっと書いておこう。せっかくの経験だったんで←

えっとね、アンギオグラフィ検査といって、足の付根(所謂ビキニライン)からボールペンの中芯大ほどの穴を開け、そこを通る大動脈から細いカテーテルを首辺りまで挿入し、脳の血管へと造影剤を流しこんでX線で撮影をする……という検査を受けました。(細かいところ違うかもしれないけどだいたいこんな説明を受けました)
なんというか、こうやって説明していて思うけども…誰が考えたんだこんな検査(治療)法。なにこれこわい。
医術の進歩ってすごいですね!びっくりだよ。

で、このアンギオ検査ですが…まず食事制限がかかります。前日の夜9時以降何も食べられない。
初めての入院で、睡眠障害持ちの昼夜逆転体質とあって、もう一日目の夜は辛いこと辛いこと。お腹は空くし、不安は募るしで泣きそうでした正直。
つらい夜の最大の要因は目先の楽しみである朝食が食べられないということでした。いやほんと。
食事というものは人の希望に繋がるものなんだなと、ひしひしと感じました。人間を絶望へ導くためにはまず飯を断てばいい。きっとだいたいあってる。

翌朝、9時過ぎ頃から検査開始。はやっ!
前日に先生から「予約がいっぱい入ってるから、お昼すぎに検査することになるかも」なんて話を聞いていただけに、心の準備など何もできぬまま、気がついたら検査台に乗っていました。脈拍測定の音が大変な速度になってて、まるで人事のように笑ってしまいました。笑うしかなかった。
検査着を剥かれて、足の付根部分だけ穴の開いた大きな布をかけられて「あーなんか手術みたいだー」なんて思っていたら局部麻酔の注射がどーん。いってぇ。超いってぇ。
局部麻酔のみなので、意識ははっきりしてます。もちろんそれ以降の痛みはないものの、カテーテルが入っていくのも、造影剤が注入されるのも全てわかります(血管がぶわあっと熱くなって、あー今流れてるってわかるんです)。これがこわい。超こわい。
いっそ意識も飛ばしてくれって願ってしまいました。

そんなこんなで1時間半弱ほどで検査は終了。長かった…
カテーテルがまだ身体の中に入っている状態で脳外科の先生がやってきて、「あーこれ大丈夫だね、治療いらないよ^^」と、サラッ…と言われました。あまりにサラっと言われたので、喜びとか安堵とか…そういうものが全くなく、他人ごとのように「あ、ああ…はい」とか生返事しかできませんでした。

えっ今言うの?診察室とかじゃないの?いや周りの先生や看護師さんも「よかったねー」とか言ってくれてるけど。え?え? ……みたいな。

それからカテーテルを抜き、止血→錘を乗っけて4時間ほど絶対安静。コレがまたしんどかったです。
足をまったく動かさずに4時間寝てろってのはなんとも苦行でした。
安静が解除になり動き回れるようになってから両親が面会に来てちょっと笑ってしまいました。今更だな!と。

2日目の夕飯が泣くほど美味しかったです。幸せとはこういうことか。

3日目の朝食がめちゃくちゃ美味しかったです。納豆ご飯最高。幸せとはこういうことか。

そして無事退院。帰宅してすぐに自分のベッドで眠り直しました。
仮眠のつもりが気付けば4時間以上眠っていた始末…熟睡できる、幸せとはこういうことか。



検査が22日だったのでもう5日も経つのですが、未だに検査跡がとても痛いです。
そろそろちょっと心配になってくるな……
せめて大晦日にはマシになっていて欲しいものです。これじゃあ年末年始に大暴れできないじゃないか!←

というのはまぁ、半分冗談で。
年明けは元気な体で過ごしたいものだなぁ。
でもほんと、改めて今年の不安要素が今年のうちに解消できたことは嬉しいですね。よかったよかった。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ぷろふ

桜谷 (さくや・さくらや)

Author:桜谷 (さくや・さくらや)
創作とゲーム音楽とアニメが大好き。
最後の晩餐は最高級の卵とご飯と醤油と削り節で卵かけご飯が食べたい。

ついった
りんく
かてごり
ほかにっきとか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。