スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結晶育成始めました

CA3K0087.jpg


誕生日に、友人から硝子結晶育成キットをもらいました。

結晶育成はずーっとまえからやってみたくて、しかしなんだかんだで入手する機会を逃し続けていたのですが…まさかプレゼントされるなんて!
しかも銀河通信社のものですよ。純正(?)ですよ。

そもそも結晶育成というものを知ったのは、
鉱物アソビ 暮らしのなかで愛でる鉱物の愉しみ方 (P-Vine Books)鉱物アソビ 暮らしのなかで愛でる鉱物の愉しみ方 (P-Vine Books)
(2008/09/19)
フジイキョウコ

商品詳細を見る
この本がきっかけだったのですが、これで鉱物…ひいては人口結晶の魅力を語っていたのがクリエイターの小林健二さん――銀河通信社の代表(?)の方で。
つまり、これはまさしく私にとって「本物」なわけでありまして。他のキットはパチモンといっても過言ではないわけで(あくまで「私の中で」ですよ!)。
それをプレゼントされた日にはもう…もう、テンション上がらずにはいられません。ありがとう、ありがとうはこちゃん!!!


というわけで、早速はじめてみました。
最初の準備ってことで画像多めです。


CA3K0084.jpg
キットの中はこんな感じ。
育成容器に結晶の素がふたつ、母岩、説明書と注意書きがいくつか書かれた紙とポリ手袋と撹拌用のスプーン。


CA3K0085.jpg
結晶の素……なんともあやしいですねぇ。いい雰囲気です。
これの正体が何なのかがまったくどこにも書かれていないのが憎らしいです。そう、夢とロマンを追い求める私達にはそんな科学的な証拠は必要じゃないんだ!
むしろ……異国の秘境でごく少量採取される魔力を含んだ原石を粉末に以下略こんなことを言われたほうがわくわくするってものです。


CA3K0086.jpg
取扱説明書がなんとも手作り感にあふれています。うーんあやしい!マンダム!(?


CA3K0088.jpg
保温のためにタオルで包んだ容器に規定量の熱湯を注ぎ、そこに結晶の元の白い粉を入れます。
入れてるところの撮影をしたくて口を斜めに切りましたが、中で固まっててなかなか出てこないので最終的にはおもいっきり袋を切ってザバーっと突っ込みましたw
ざらざらとしていてグラニュー糖っぽいです。中での固まり方も砂糖に似てるし。
…砂糖から生まれる結晶かぁ(厨二ファンタジー脳炸裂中


CA3K0089.jpg
白い粉をよーく溶かしたら、緑の液体を投入。
この容器がまたなんともあやしくてかわいい。
密林の奥深くで採取される植物から特殊な方法で抽出されたエキスを以下略。
これを入れる量によって完成する結晶の形が変わるそうです。太めの結晶がいいなーと思ったので半分くらい入れてみました。


CA3K0090.jpg
培養液(?)が緑色になりました。そこへ母岩を投入。
24時間後にはここに種結晶が出来るんだとか。わくわく。



なんとも小学校の自由研究を彷彿とさせるこの感じ!理科の実験のようなこの感じ!わくわくしますね!

日々の経過観察はTwitterかこっちで更新していこうと思います。
経過次第でこっちに記事としてまとめていくって感じでいこうかなと。


いろいろと検索してみると失敗ケースもそれなりにあるみたいなので若干不安ですが、良い感じにできてくれるといいなぁと願いつつ丁寧に育ててみたいな(*´ω`*)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ぷろふ

桜谷 (さくや・さくらや)

Author:桜谷 (さくや・さくらや)
創作とゲーム音楽とアニメが大好き。
最後の晩餐は最高級の卵とご飯と醤油と削り節で卵かけご飯が食べたい。

ついった
りんく
かてごり
ほかにっきとか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。